携帯電話でご覧の方はこちらへ

埼玉県川口市の司法書士が相続登記をサポート

ごあいさつ

相続登記について調べていらっしゃるあなたは、
お身内の方を亡くされたのでしょうか?
もしそうであれば、まずは衷心よりお悼み申し上げます。

故人が不動産を所有していた場合は、相続登記が必要となります。
この登記には、基本的に、相続人全員が実印を押した
「遺産分割協議書」が必要になります。
問題はこの「遺産分割協議書」です。
相続登記は「いつまでにしなければならない」などの
期限はありませんが、長年に渡って放置してしまうと、
思うように協議書が作れないという状況に陥ることがしばしばあります。
裁判になる事例も決して少なくありません。



相続登記の放置による弊害としては、次のようなものが挙げられます。

  • (1)相続人の状況が変わって翻意してしまう。
  • (2)相続人の連絡先が分からなくなってしまう。
  • (3)連絡を取ったこともない方が新たに相続人に加わってしまう。

そのような状況に陥らないために、
相続が開始してある程度の期間が経過したら、相続登記をしましょう。
私たちは、あなたに適したプランで円滑な相続登記をサポートします。

なお、当サイトをご覧になってご依頼いただいた方は、
正規費用より1万円割り引かせていただきます。
お申込の際は、「ホームページを見て」と担当者にお伝え下さい。




無料相談のご予約をされる場合は 無料相談予約フォーム
当事務所の相続登記費用を知りたい場合は 費用
一般的なご質問は FAQ
具体的なご質問は お問合せフォーム


川口市民法務事務所 代表:認定司法書士・行政書士・土地家屋調査士  松本淳

相続登記のよくある誤解&トラブル

相続、遺産分割は昔からトラブルがつきものといわれています。
それまで親しくしていた家族や親族、兄弟間でさえその関係性を脅かすことがあるため、
だからこそしっかりとした話し合いと法的根拠を伴った処理が重要です。
こちらでは、相続登記に関する誤解やよくあるトラブルなどをご紹介します。

そもそも、なぜ相続登記が必要なのか?

相続登記とは、相続財産である土地・建物といった不動産の名義を変更する手続のことです。いくら遺産分割協議を行ったとしても国に対して自分の所有物であると宣言する手続を行わなければ、法的にその土地や建物の所有権を主張できません。

相続登記が必要であることを知らない場合も

不動産の権利の移転などに際して不動産登記が必要になることをご存じない方もいらっしゃいます。不動産売買をされたことがある方はご存知ですが、ずっと賃貸マンションなどに暮らしている方はご存じないことが多いようです。登記は自分の権利を国に示すための重要な手続ですので、忘れずに行いましょう。

登記をしないとどうなる?

相続登記を行わないと、その不動産の持ち主であることを証明できません。ですから、不動産を担保にして融資を受けたり、売却したりすることもできません。「親の土地があるからいざとなったらあれを売れば……」というのも実現が難しくなるのです。

相続登記をすると払いきれないほどの相続税がかかると思って放置している

相続登記をして所有権を移すことにより莫大な相続税が発生するというイメージをお持ちの方が多いようです。ですが、相続税が発生している相続案件は日本全国全体のわずか数パーセント。控除となり相続税の支払いが発生しないケースが多いため、「相続をする=相続税が大変」という固定概念は捨てましょう。

権利証が見つからず登記ができないものと思いこんで放置している

まれに、不動産保有の証である権利証を紛失してしまう(あるいは故人がどこにしまったのか分からず見つからない)ことがあります。権利証がないと相続登記が行えないとお考えになる方もいらっしゃいますが、権利証がなくても相続登記は行えます。

相続人の所在が分からなくなり相続ができないと思って放置してしまった

相続人が相続税の負担をおそれたり借金を抱えていたりして行方不明となってしまった場合、相続人不在となり遺産分割協議が成立しません。遺産分割協議ができないと相続登記もできないと思ってしまい、放置されてしまうことがあります。この場合、家庭裁判所に「不在者財産管理人の申立」を行えば、行方不明の相続人の代わりに専門家が協議に参加できるようになり、遺産分割ができ、相続登記も行えます。

遠方に土地を所有しており相続人が気づけなかった

現在の居住地から離れた地域に土地を保有していた場合、その存在に気づきにくく、放置されてしまうことがあります。権利書などをすぐに発見して速やかに相続登記ができればいいのですが、後になって誰のものでもない財産が発見されるとトラブルの種になりかねません。親族の死去などにより相続人の範囲が広がってしまったり、時間の経過によって相続人の生活状況が変わったりして、当初の遺産分割協議に異を唱える相続人も現れかねません。

改めてお伝えしますが、
相続登記は不動産の権利を明らかにして今後も財産として有効活用するためにはもちろん、
親族間のトラブルを防ぐためにも非常に重要なことです。
早めに、確実に済ませてしまいましょう。

埼玉川口にある川口市民法務事務所は、
さいたま市・川口市・蕨市・戸田市・所沢市・川越市・越谷市などを中心とした
埼玉県近郊にお住まいの方からの相続登記に関するご相談をお受けしています。
ご相談は無料です。

当サイト運営事務所

川口市民法務事務所のホームページ

埼玉県川口市
認定司法書士・行政書士・土地家屋調査士
川口市民法務事務所

http://www.office-kawaguchi.jp

事務所は埼玉県川口市にございますが、県内・都内の方はもちろん相談によっては全国からのご依頼に対応できます。登記、債務整理、その他法律に関するご相談は無料で承っておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

川口市民法務事務所アクセスマップ

ブログ「債務整理と過払い金の事例100撰」

年中無休で受付中

お問合せ

フリーダイヤル0120−232−242

− 主要営業エリア −

埼玉県

さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、川越市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、熊谷市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、本庄市、東松山市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、桶川市、加須市、北本市、久喜市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、伊奈町、三芳町、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、騎西町、北川辺町、大利根町、宮代町、白岡町、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町、杉戸町、松伏町、美里町、神川町、上里町、江南町、寄居町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村

東京都

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、国立市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、福生市、青梅市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市

千葉県

千葉市、市川市、船橋市、松戸市、野田市、習志野市、柏市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、館山市、木更津市、銚子市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市

神奈川県

横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、小田原市、相模原市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、南足柄市

認定司法書士・行政書士
土地家屋調査士
川口市民法務事務所

〒332-0034
埼玉県川口市並木2-37-2
TEL 048-240-4620
FAX 048-240-4621

COPYRIGHT (C) 2007 -2013 Kawaguchi Civic Legal Office. ALL RIGHTS RESERVED.